サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

意外な方もミニマリスト【ミニマリストという生き方 辰巳渚著】

f:id:sainomori:20190520201852j:image

ミニマリストという生き方 辰巳渚著

 

意外な方とは芸人の小島よしおさん。

確かに海パン一丁でテレビに出ているのですから

究極のミニマリスト。というわけではなくて(笑)

住んでいるお宅に、必要最小限のモノ以外

ほとんどモノはないそうです。

 

小島さん自身がミニマリストという言葉や

存在を知らずしてモノを減らし

ミニマリスト的な生活を送られていたのが

とても印象的でした。


本書はミニマリストになるための

片付けの仕方といった本ではなくて

6名(そのうち2名はご夫婦)に著者の辰巳さんが

ミニマリストについてや、生き方や暮らし方について

インタビュー形式で尋ねたものがまとめられています。


辰巳さんが部屋を訪ね

きっかけや考え方を聞いているのですが

それぞれの方々に同じ質問を聞いています。


同じ質問でも取材された方々それぞれに考えがあり

こういう考え方をするんだ、という

1人1人のインタビューの部分はとても面白かったです。


ミニマリスト的なモノの少ない生活をしている方々ですが

目的がミニマリストではなく

モノを少なくしたその先の暮らしに

目的をもって生活をされていました。


それぞれに軸となる考え方があり

ブレずに生活されていらっしゃる。


自分に置き換えてみると

まだモノを減らし途中で

考え方もまとまっておらず

まだまだモヤモヤとした中でシンプルな生活を目指していますので

問われた時に言い切れるような生活が出来るようになったら

もっとシンプルに暮らせるのではと思いました。

 

自分自身もミニマリストが目的ではなくて

まだ見えてきてはいませんが

モノを減らした、その先の生活や暮らしを

見ようとしているんだなと気づかされた一冊です。

 

by カエレバ