サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

令和、初めての新雪滑走【2019年5月8日 白馬大雪渓】前編

f:id:sainomori:20190509204615j:image

気持ちよく晴れた5月8日

念願であった白馬大雪渓を滑走してきました。


朝から雲ひとつない空、絶好の山日和です。

4時45分、猿倉の駐車場をスタート。

去年の今時期より積雪量が多いでしょうか。

林道から雪の上を歩けました。

 

f:id:sainomori:20190509204752j:image

この時期にしては冷え込んだこの日。

雪も固めで歩きやすくスムーズに進んでいます。

 

f:id:sainomori:20190509204832j:image

ゴールデンウィーク明けの平日ではありますが

数パーティーが上部を目指しています。

 

f:id:sainomori:20190509205059j:image

下部ではこの時期らしい汚れた雪だったのが

標高を上げるにつれて、白くきれいな雪に。

 

f:id:sainomori:20190509205027j:image

気温も低くかったこの日

上部は薄っすらとではありますが

パウダースノーに変わりました。


まさかこの時期に柔らかい新雪の感触を味わえるなんて

思っても見なかったのでテンションも上がります。

 

5月6日の雨が上部では新雪に変わり

その後も気温が低かったおかげか良い状態のまま保たれていました。

朝方は稜線上の風も強く、飛ばされてきた雪も積もっています。

 

f:id:sainomori:20190509214450j:image

テンションは上がったものの、延々と続く大雪渓。

高度も斜度もそして息も上がり

前半のスピード感ある歩みはどこへいってしまったのやら。

 

f:id:sainomori:20190509205127j:image

f:id:sainomori:20190509205135j:image

休憩中にボードの裏を見てみると

大きな雪の固まりが…

これでは歩きにくいわけです。


雪を落とし進みます。

 

時間はまだまだたっぷりあるので

焦らず一歩一歩進めばいいと

自分に言い聞かせますが

その一歩一歩がなかなか…

 

f:id:sainomori:20190509205209j:image

近づく稜線を見据えて進んでいくと

建物が見えてきました。

 

中央に小さく屋根が見える、白馬岳頂上宿舎です。

 

f:id:sainomori:20190509205345j:image

ようやく建物が見えたものの

なかなか近づかない頂上宿舎に

歩みも遅くなるばかりです。

 

f:id:sainomori:20190509205558j:image

それでも気を取りなおして進んでいくと

ようやく頂上宿舎が目の前に。

 

今回はこのまま頂上宿舎から滑ってしまおうかと

何回も思いましたが

それでもここまできたからには

白馬山荘が見えるところまではと考え直し

もう少し登ってみることに。


少し進むと、白馬山荘の建物が…

f:id:sainomori:20190509205924j:image

見えたー!

 

ここからはそんなに時間がかからないはず。

この目で建物が確認できると元気が出てきました。

白馬山荘目指して歩みを進めます。

 

相変わらず一歩一歩は苦しいですが

着実に白馬山荘が近づくので頑張れます。

 

雪が繋がっていたおかげで

夏道をだいぶ巻くこともできて

程なくして白馬山荘へ。

 

f:id:sainomori:20190509210422j:image

時間は11時40分。

7時間かけて、ようやく白馬山荘へ到着しました。

 

後半へ続く