サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

日本山岳救助機構(jRO:ジロー) 2019年請求額決定しました。

f:id:sainomori:20190429200947j:image

山岳保険としてjROに入会しています。

正確にはjROは保険や共済ではなく

相互扶助の精神によって運営される会員制度です。

 

2019年の会費が決定となり、書面にて通知が来ていました。


jROについての詳しくはこちら

よくあるご質問>総合編

www.sangakujro.com

 

会員資格を継続しており

2017年の事後分担金を支払っているので

2018年の事後分担金は0円となりました。

 

事後分担金がないので2019年、今年の年会費は¥3,780円。

詳しい仕組みはjROのホームページを見ていただくとして

実際にjROが支払った捜索救助費用のみを会員数で割った金額を

事後分担金として年会費にプラスして請求される仕組みです。


会員数は年々増えているそうで

それにともない遭難件数も増え

捜索救助費用の支払い額も増えているそうなのですが

会員数の増え方に対して遭難件数は低いので

事後分担金は入会当初よりも減ってきています。


入会当初もそれほど高いと感じなかったのですが

2019年の会費を月あたりで計算してみると

我が家では1人ひと月約157円。

 

ひと月あたりこの金額で

捜索救助費用が550万円まで補てんされるのですから

有難い会員制度です。


もちろん山へ入った際には

遭難しないことが一番ではありますが

万が一の時にjROや山岳保険に入っていないと

救助捜索費用の支払いに家族や自身も

大変な思いをすることにもなりかねません。


そんなことにならぬよう

jRO会員を続けていきます。