サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

ザラメはどこ!?新雪の金山沢BC。おまけあり。

f:id:sainomori:20190327205327j:image

夕方まで晴れ予報の本日。山日和です。

それならばザラメを狙いに行きましょうと

向かった先は先日カチカチの斜面を滑った金山沢。

sainomori.hatenablog.com

 

f:id:sainomori:20190327205342j:image

朝一は晴れそうな雰囲気でしたが

登り始めると空が白く…。

この間と一緒のパターンです。嫌な予感。

 

f:id:sainomori:20190327205358j:image

昨晩、短い時間でしたが降雪があったそう。

5cm、場所によっては10cmほどの新雪が積もっています。

 

f:id:sainomori:20190327205431j:image

薄い雲がどんどん広がり、太陽もかすんできました。

 

新雪のついていない尾根上の雪は硬いですが

それ以外は前回とは違い登りやすく、歩みをどんどん進めます。

 

f:id:sainomori:20190327205506j:image

ほどなくしてドロップポイントに到着です。

それにしても尾根上の風がとても強い。

スノーボードをも持っていかれそうになるほどの強風。


風で飛ばされないよう素早く滑走準備をして

金山沢に滑りこみます。

 

f:id:sainomori:20190327205601j:image

残念ながら、嫌な予感が的中です。

硬い面と凹んだ部分に新雪が吹き溜まるという状況が

数メートルおきに交互につづくという難しい斜面。

 

f:id:sainomori:20190327205632j:image

しかもフラッライトで斜面の凹凸も雪質の変化も分かりにくい。

ターンはかろうじてできるもののスピードもあげられず

安全第一の滑走です。

 

うーん残念。

今回のザラメの金山沢を滑ることはならず。

 

それでも陽が当たらなかったおかげで

たまに滑走できる数ターンは柔らかいクリーミーなパウダーや

標高を下げて柔らかい雪質になった斜面が

この時期にしては走る雪であったことは救いでありました。

 

f:id:sainomori:20190327205703j:image

帰りの林道も板はよく走り、

車をデポしておいた二股へは12時30分には到着。

 

f:id:sainomori:20190327205729j:image

あっという間の金山沢BCでありました。


二股に着くと、

友人がHAPPO BANKSで滑っていると連絡があったので

滑りに行くことに。

 

f:id:sainomori:20190327205826j:image

本日のおまけはこちら八方尾根スキー場

 

f:id:sainomori:20190327205911j:image

金山沢での滑りは物足りなかったので、

八方ゲレンデを思う存分滑れて

思い残すことなく白馬を後にしました。


バックカントリーからゲレンデへと

変則的な1日でありましたが、充実の1日となりました。