サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

携行場所によっては干渉も!?雪崩ビーコンと電子デバイス

f:id:sainomori:20190319184038j:image

LOST ARROWのホームページ、サポート情報に

雪崩ビーコンについてとても気になる記事を発見しました。


雪崩ビーコンと電子デバイスの干渉について

詳細が記載されています。


雪崩ビーコンとスマートフォンGPSを離して持つというのは

ツアーに参加した際に教えてもらっていたので

離して持っていたのですが

無線やGoproまで干渉するとは…

思いもよらない結果が出ていました。


特に影響が出ていたのが

受信モードの際のスマートフォンやGopro。

 

電源の入っている状態ですと、相当近くまで寄らないと

受信できないようです。

電源がOFFの状態でも影響が出ています。


送信モードは受信モードの時よりも影響がありませんでしたが

ビーコンとスマートフォンの距離によって影響に差が出ていました。


万が一の際に、

捜索する方もされる方も電子デバイスの影響を受けていると

捜索にとても時間がかかってしまいますね。


これではせっかくの雪崩ビーコンをつけていても

すぐに発見できないことになってしまい

最悪の結果を招く恐れが高くなります。

 

f:id:sainomori:20190319203955j:image

自分自身はいままで

無線をビーコンと反対側の胸ポケットに入れていたので

おそらく15cmほどしか離していませんでした。

Goproを持って行動した時も胸に付けていたこともあったので

こちらもビーコンにかなり近かったことに。


受信も送信も雪崩ビーコンと電子デバイスを50cm以上離すと

ビーコンの性能を最大限に生かせることができるそうなので

今一度、収納場所を見直しした方が良さそうです。


とても参考になる記事ですので、是非ご覧下さい。

www.lostarrow.co.jp