サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

祝、PATAGONIA JAPAN 30周年

f:id:sainomori:20190312125549j:image

定期的にpatagoniaより送られてくる

カタログが届きました。

 

f:id:sainomori:20190312125746j:image

今回はpatagonia日本支社が

設立30周年を迎えられたということで

メッセージも添えられていました。


patagoniaといえばファッションに興味をもちだした

10代の頃から大好きなブランドです。


当時はアメカジ全盛。

高くてなかなか購入できませんでしたが

お金を貯めて、古着屋さんでpatagonia製品を購入していました。

機能性よりもどちらかというとファッションとして

当時は気に入っていました。


友人の付き合いで

渋谷にあるpatagoniaの直営店に行ったのはいい思い出です。


20年も前の事になりますが、

友人がフリースのジャケットを購入したところ

当時買い物した時に、まず聞かれることはなかった

ショッピングバッグが必要かどうかを聞かれて

傍にいた自分もリサイクルの必然性を教えてもらいました。


その時にはあまり理解もせず、関心もなかったのですが

現在ではレジ袋なしはあたり前ですよね。

もちろん自分もエコバックを持って買い物に出かけるので

現在ではほとんどショッピングバッグやレジ袋はもらいません。

 

まったく感心のなかった自分をこうも変化させたのは

patagonia渋谷店での印象深い体験があったおかげとも思います。

20年以上経った今でもその時の状況が思い浮かぶほどに

覚えています。

 

また、今では多くの人々が

環境に対して危機感を感じ行動していますが

ここまで広がりをみせたのは

環境問題に対して、いち早く企業として地味ながらも行動していた

功績の賜物ではないかと感じています。


そういった企業理念を含めて

今でも大好きな会社であります。


数多くpatagonia製品を愛用していますが

山やゲレンデでも、行動の際にはとても信頼しています。

ハードなコンディションであればあるほどに

機能性あふれるpatagonia製品を着てきて良かったと思うことが

何度あったことか。

 

製品の修理も安価で受け付けてくれるので

これからも修理をしつつ

大切に使い続けていきたいと思っております。

 

新製品の機能性を聞きに行ったり、修理の相談をしたりと

ストアに出向くと、いつ行っても感じのいいストアスタッフさん達の

対応にも癒されます。

 

これからも、頼りになる

地球にやさしいウェアの発売を楽しみにしています。

30周年、おめでとうございます。