サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

甘さ感じるハニーコーヒー【コスタリカ ソノラ農園 レッドハニー】

f:id:sainomori:20190225201203j:image

以前購入した「ブラジル ハニー」が美味しかったので

別のハニーを試して見ようと購入した

「コスタリカ ソノラ農園 レッドハニー」です。

 

レッドハニーの「レッド」とは果肉の残り具合のこと。


収穫したコーヒー豆を果肉除去した後

発酵・水洗工程をとらず

ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で

乾燥させたものがハニーコーヒーになります。

 

こうすることでミューシレージの甘みが豆に移り

通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくい

甘みを持ったコーヒー豆へとなるんだそうです。

 

ブラックハニー(約90%残し)、レッドハニー(約70%残し)、

イエローハニー(約40%残し)と

果肉の残り具合によって3種類に分類されます。

 

f:id:sainomori:20190225201255j:image

比較的きれいに煎ることができました。


以前焙煎してきた豆と比べると

ハゼの音に勢いがないというか、音が小さいというか

はじけている感じがないのが気になりました。

ミューシレージを残しているからなのでしょうか。


ガス抜きのために2~3日はおいておきたかったのですが

ストックのコーヒー豆が全て終わってしまったので

翌朝早速飲んでみました。

 

f:id:sainomori:20190225201403j:image

豆も落ち着いていないからか、エグ味や渋みを感じます。

酸味が強く感じられ、その奥に甘さがほんのりと感じられました。

飲めないことはないですが、エグ味や渋みは気になります。


もうしばらくおいて味が変わってくれると良いのですが。

 

sainomori.hatenablog.com