サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

ぜんざいが珈琲に合います。【COFFEE 薫蔵 KAGURA】

f:id:sainomori:20190221172845j:image

長野県長野市善光寺門前に

2018年10月にオープンしたカフェ

「薫蔵(かぐら)」さんを訪れました。

 

f:id:sainomori:20190221181035j:image

古い蔵を改装したという隠れ家的なカフェになっています。

といっても、塀の外には看板が出ており

わかりやすく入りやすい雰囲気です。

 

f:id:sainomori:20190221181057j:image

店内に入り

カウンターでメニューを選んで先に注文、お支払いをします。

 

f:id:sainomori:20190221181331j:image

薫蔵さんでは

浅煎り、中煎り、深煎りの3種類の豆の中から好みの豆を選び

ペーパードリップ、ステンレスドリップ、エアロプレスの中から

好みの淹れ方も選べます。


自分は、豆が浅煎り、淹れ方はエアロプレスに。

妻が中煎りのエアロプレスにしました。


淹れ方を選べるカフェは初めてなので

豆と淹れ方によって味がどう違うのか楽しみです。


エアロプレス、実は家にもありますが最近は使っていないので

久しぶりに飲みたくなりました(苦笑)。


おやつ時でもありましたので、小腹を満たそうと

「林檎のコンポート&さつまいもあんの白玉ぜんざい」と

「かぼちゃの甘煮&紫いもあんの白玉ぜんざい」も

それぞれ注文しました。

 

f:id:sainomori:20190221181523j:image

f:id:sainomori:20190221181636j:image

許可を頂いて店内を撮影。

 

蔵を改装してあるだけあって、窓がありません。

昼間でも少し薄暗く感じる店内が、隠れ家的な雰囲気となっていて

居心地のいい空間です。

 

f:id:sainomori:20190221181657j:image

といっても入り口には

ガラスやステンドグラスがはめ込んであり

席によっては入り口から注ぐ陽射しが明るく

気持ち良かったりもします。

 

f:id:sainomori:20190221181718j:image

まずは珈琲を出していただきました。


なんと、珈琲ボールと言ったらいいでしょうか。

カップではなくボールでいただく珈琲は初めてです。


さっそくいただいてみると…

浅煎りは酸味が強め、もちろん美味しい酸味が凝縮されているお味です。

エアロプレスでしたが、浅煎りだったためか

わりとサッパリとした味わいです。

 

妻の頼んだ中煎りをいただいてみると

わりと酸味を感じる味ですが

浅煎りよりは酸味の少ないスッキリとしたお味。

 

豆が違うので、味が全然違いますね。

今回は異なる豆で、淹れ方を同じにしましたが

同じ豆で淹れ方を変えてみるのも

その場で違いが解るので楽しいと思います。

 

f:id:sainomori:20190221181845j:image

しばらくしてぜんざい登場。


こちらは

「林檎のコンポート&さつまいもあんの白玉ぜんざい」。

(りんごは生クリームの陰に隠れちゃってます…)


林檎のコンポートと生クリームは甘さ控えめですが

さつまいもあんの甘さがしっかりとしていて

バランスがいいですね。

ツルツルの白玉の食感がなんとも言えません。


久しぶりにぜんざいをいただきましたが

珈琲とも相性が良くてペロリと完食してしまいました。

 

 妻の頼んだ「かぼちゃの甘煮&紫いもあんの白玉ぜんざい」も

少しいただきましたが

甘いかぼちゃがスイーツらしい美味しさで全く違和感なし。

衝撃的な美味しさでした。

スイーツとしてのかぼちゃ、全然ありです!

甘めの紫いもあんともバランスが良くて

こちらも美味しかったです。

 

和な雰囲気をさりげなく感じ

善光寺の門前にはぴったりのカフェでした。


店主さんにお話を伺うと、2Fで「豆蔵」さんというギャラリーと

夜はカフェと同じスペースでBarの営業をされているという

3業態で空間をシェアして営業をされているとの事でした。

Barの雰囲気も良さそうですね。


それにしても淹れ方が選べたり

サイドメニューにぜんざいがあったりと個性溢れますね。

長野市珈琲店選びがますます楽しくなります。

f:id:sainomori:20190223202710j:image