サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

貴重な晴れ間のバックカントリー【小谷村 栂池BC 親沢〜若栗】

天気予報を見ていると、大荒れとなる26日。

前日の本日は好天の予報に。

 

f:id:sainomori:20190125204846j:image

タイミングよく休みでありましたので、今回は栂池BCへ行ってきました。

 

平日だけあって人はまばら。

前日まで降雪が続いたため入山者も少なく

登り口からはラッセルです。


居合わせた人交代でラッセルしながら登り

途中で各々滑りたい方に向かって登り上げます。

ラッセルするほどの雪でしたので、滑りに期待が膨らみます。

 

f:id:sainomori:20190125205001j:image

朝方は太陽に雲がかかったり、

雪面がガスに覆われたりしていたおかげか

フワフワの軽い雪が温存されておりました。


f:id:sainomori:20190125205056j:image

軽く踏み込むだけでこのスプレー。

例年に比べて雪が少ないと言われていますが

さすがは小谷村。当たった日には裏切らないです。


雪は良いのですが、雪が少ない影響で

木や沢が完全に埋まり切らず

休憩ポイントまでのルートどりが難しい。

なんとか休憩ポイントまで到着。

f:id:sainomori:20190125205148j:image

f:id:sainomori:20190125205141j:image

行動食を食べ水分補給も忘れずに。

白湯を飲むと心が落ち着きます。


スキー場からスキー場へ渡り歩く長丁場となるので

ほどほどに休憩をしたらハイクスタート。

実はこのハイクも本日栂池を選んだ楽しみの一つ。

 

f:id:sainomori:20190125205414j:image

f:id:sainomori:20190125205400j:image

f:id:sainomori:20190125205406j:image

f:id:sainomori:20190125205420j:image

天候が悪い時に行くことが多い栂池BCなので

こんな雪も天気の良い日にハイクするのは初めて。

柔らかい雪の感触と暖かい日差しを感じながらのハイクアップが

とても清々しく、どこまでも歩いて行けそうな気分になります。

 

f:id:sainomori:20190125205810j:image

滑り降りた向かいの尾根をハイクするので

滑り降りた斜面を見ながら歩くのも楽しみの一つ。


楽しんで歩いているとあっという間に次のドロップポイントへ。

f:id:sainomori:20190125205453j:image

本日最後の貴重な滑り。

 

f:id:sainomori:20190125205533j:image

白馬乗鞍温泉スキー場から入れるBCエリアとなるため

ノートラックではありませんでしたが

こちらも下まで軽い雪でありました!

 

f:id:sainomori:20190125212619j:image

カチカチのコースと化した沢沿いを滑り

いつもの砂防堰堤をくぐると

白馬乗鞍温泉スキー場に到着です。


欲をいえばもっと雪が欲しい感のあった今回のルートではありますが

上部の雪の軽さは今までの中でも上位に入るほど。

まさに記憶に残る一日となりました。