サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

【ブラジル ハニー】 夫婦焙煎

年末にもなり、雪は降りませんが

忙しくしているサイノモリです。


普段は珈琲の焙煎は自分がしていますが

ここのところ焙煎の時間が取れないのを見かねて

妻が「ブラジル ハニー」を焙煎してくれました。


急に寒くなったので部屋の気温もぐっと下がり

焙煎しづらい環境でしたが

一生懸命に手編みを振って、焙煎してくれる姿に涙が出ます。

 

f:id:sainomori:20181210201903j:image

本人曰く、納得の出来ではなかったそうですが

手編焙煎3回目でこの出来ですから上出来です。

 

自分の3回目くらいの時は色がバラついているか

すべて黒々としてしまうかのどちらかでした。

妻はセンスがありますね。


妻の焙煎を横目に入浴していたのですが

自分も焙煎したくなって

風呂から上がって焙煎をすることに。

 

豆は同じく「ブラジル ハニー」。

今回こそは前回の反省点であった

1ハゼに連続して2ハゼがこないように注意して。

 

f:id:sainomori:20181210201938j:image

前回よりも火から遠ざけ振りも素早く。

 

トータルの時間はかかりましたが、

1ハゼ後1分ほど間隔があいて2ハゼが始まり目標通りになりました。

ただ、前回香ったハニーらしい香りがなかったのが気がかり。


翌朝、味が気になって両方試飲してみました。

結論から言うとどちらの味もあまり変わりがありませんでした。

どちらもハニーらしく苦味と酸味が少ないのですが

肝心の甘みが出せていない。


気温がだいぶ低くなったのも原因でしょうか。

前回は少し甘みも出たのですが…。

sainomori.hatenablog.com

 

f:id:sainomori:20181210202108j:image

今回は煎り止めも同じくらいでしたので

見た目も味も大きな違いはありませんでしたが

厳密に言えば同じ味ではなかったので、面白いですね。

 

今回は豆の特徴を出しきれませんでしたが

強力なライバル出現でうかうかしてられません。

もっとたくさん焙煎しないと。