サイノモリ

日々を彩るシンプルな暮らし

シンプルライフに向けて実践した事その⑥

「健康」がなによりの資産だと知る


かれこれ10年以上になるでしょうか。

風呂上がりにストレッチをしてから布団に入るようにしています。

 

柔軟性を高めてスノーボードや登山をするときの怪我防止のためと

20代の頃は腰痛持ちで、椎間板ヘルニアも患ったこともあったため

腰痛防止のためにはじめました。


ストレッチと言っても簡単にできる前屈と、上半身を反らす2つだけ。

しかも時間も10分以内で終わらせる程度。


もともと体は硬い方であったので

前屈をしても足に手が届かないほどだったのですが

風呂上がりに毎日続けていると、次第に手が足に届き、深く体が曲がるように。


効果が実感できると嬉しくて、とにかく毎日続けてきました。

するといつの日か顔が膝に着くようにもなり、やめられなくなりました。


やめてしまうと、

せっかく長い時間かけて手に入れた柔軟性がなくなってしまうんではという思いで

数分であってもとにかく毎日続けていますが

現在でも相変わらず、顔が膝に着く程度の柔軟性を維持しています。


続けてみて気がついたのですが

体調の良し悪しにより、柔軟性が変わる事があり

調子が良いと体は柔らかいのに対し、調子の悪い時には体が硬くなり

体調を判断する基準にもなっています。

 

おかげで十数年間、スノーボードや登山でも怪我はないですし

疲れが溜まった時に、腰がだるいことがたまにはありますが

痛みをともなう事はありません。


ヘルニアを患った時には

立っていても座っても、寝ていても痛みがともなうため何も出来ず

痛みに耐え、ただじっと良くなるのを待つばかりで

どうしてこんな事になってしまったのかと

悔やむばかりでした。


当たり前の様に動けていた事は

実は当たり前でもなんでもなく、身体に異変があれば

仕事にも趣味にも日常生活にも支障をきたす、

身体あっての人生なんだなとつくづく思いました。


異変があってから、元どうりの身体に戻すには

時間もお金も気力もかかりますが

毎日少しの時間を費やすだけで調子が良くなるのであれば

やるにこしたことはありません。

 

健康という資産を守るためにも

これからも続けていきたい習慣です。

 

 

sainomori.hatenablog.com

sainomori.hatenablog.com

sainomori.hatenablog.com

sainomori.hatenablog.com

sainomori.hatenablog.com

sainomori.hatenablog.com